「禁断の笑い」という目次でした

電車の中で本を読んでいて、つい鼻で静かに吹き出すように笑ってしまった。
しかも何回も・・・
阿川佐和子さんのエッセイだったのですが、まさかこんなことになろうとは。

周りの目を気にしつつ、何事もなかったかのように続けました。

すると、阿川さんは電車の中で本を読んでいて、
笑いが止まらなくなったという内容がありました。

少し嬉しくなりました。

我が家では、大泉洋著書「大泉エッセイ」を読んだ夫と娘が、
鼻で吹き出すように笑い続けていました。

自宅で良かった。
私もこれは、自宅で読もう。

ちなみに阿川佐和子さんのエッセイは「走って、ころんで、さあ大変」です。
電車で読もうとされる場合、私だけかもしれませんが、
ご注意ください。

"「禁断の笑い」という目次でした" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント